寝違えについて

昨日までは特に異常はなかったのにもかかわらず、朝起きると首と周辺に激痛が走って動かしにくいという経験は、誰しも一度はあるのはないでしょうか。
起床時に首が痛い、首から肩にかけて痛みがあるという症状がある時には、寝違えが起こっている可能性が高いです。

 

寝違えの原因

寝違えが起こる原因は、検査などをしてもはっきりしたことがわからないことも多いのですが、就寝中に不自然な姿勢で長時間いたせいで、筋肉に血液が足りなくなるせいでしこりのようなものが出来たためという説や、前日に動かしていない筋肉を、スポーツなどで激しく使ったせいで一時的にこむら返りが起こっているなどの説があります。患者様ごとに寝違えが起こる理由は違います。

寝違えの治療法

首の痛みに関するご相談の際、原因からしっかり調べて適切な治療を行います。一人一人の症状に合わせて、オーダーメイドの治療プランをお作りします。
通院ペースも患者様の意見を取り入れながら決めますので、途中で通うこと自体が負担になることも少なくなります。

また、年齢により見舞われる痛みの程度と部位にも若干違いが見られるという特徴があり、肘が最も痛むのが小学生で中学生では肩が痛いと訴えます。
高校生になると肘や肩に加えて腰の痛みを訴える方も現れ、ピンポイント的な問題ではなく上半身全体の問題として認識し治療を考えていく必要が生じます。
当グループは医療機関と連携しているので、もし治療中に脳の血管の病気など重大な疾患が発覚した場合にも、早期発見・治療を行うことができます。

 

寝違えの治療はお任せください

寝違えは特に治療をしなくても、数日経過すれば痛みが自然に引いていく患者様が多いので徐々に首を動かしていくようにすることで治すこともできます。痛みがひどい方は自然に軽快するのを待たずに適切な治療を受けられる当院へお任せください。

明瞭決済で知らない間に高額な治療費が上乗せされているようなことは一切ございません。16店舗の中から貴方の家や最寄り駅に最も近い所を選んでご来院くださいませ。

脊柱管狭窄症について

 

脊柱管狭窄症とは、背骨の周辺にある神経が何らかの形で圧迫され、それが痛みにつながることです。背骨は、体の中心となる神経が通っています。通常の状態なら、特に痛みを感じません。しかし、ヘルニアなどになることにより痛みを伴うことも少なくありません。

 

又、骨の部分が厚くなった場合は、軟骨と骨のずれが生じてしまい、神経を圧迫してしまいます。その結果、痛みが伴うことが多くなります。脊柱管狭窄症になる場所は、背中から首にかけてが中心です。しかし腰の部分が痛くなることもあります。慢性的な痛みが伴えば病気の可能性があります。

 

脊柱管狭窄症の原因

 

脊柱管狭窄症の原因ですが、無理な運動をしたり、無理な姿勢を続けていることにより、神経が圧迫されることがあります。特に、長期的に重たいものを持ち上げるする場合には、トレーナーなどが付いていなければ間違えた方法で関節に負担をかけることがあります。

 

他にも、急激に外部から力が入った場合でも神経を圧迫することがあります。更に、普通に歩いているだけなのに痛みが伴うこともあります。例えば、猫背になっている場合は、顔が前に出ているので、その分重心が前方にかかります。こそれが継続的に行われるようになると痛みが伴うことがあります。

 

脊柱管狭窄症は当院にお任せください!

 

脊柱管狭窄症でお悩みの方は、武蔵なまい接骨院にお任せください!

 

当院では、カウンセリングや検査を徹底しておりますので、原因のわからない症状でもまずはご相談下さい。脊柱管狭窄症の患者さんにも無理のない体勢で施術を行なっていきます。

坐骨神経痛について

 

坐骨神経痛の原因と症状は様々なものがあるといわれており、一般的には座骨の部分に痛みを感じる症状すべてを坐骨神経痛と呼びます。そのため治療には十分に注意が必要です。

 

坐骨の周りには様々な神経が集まっているため、様々な症状に起因する痛みがこの部分に集まります。その原因をしっかりと調べることが効果的な治療の第一歩となります。

 

原因と症状

 

背骨の神経が圧迫されたことにより、その痛みが座骨の部分に伝わっているということも多いのです。また、足の部分の様々な症状が座骨の神経に現れることもあります。

 

血行が悪いためにその痛みが座骨神経痛となって現れることもあるため、その原因には様々なものがあり、治療も難しいのがこの病気の特徴となっています。

 

坐骨神経痛の治療

 

坐骨神経痛の原因と症状は様々なものがあるため、まずはしっかりと全身の様々な部分の検査を行うことが必要です。

 

その検査で問題を生じる部分があった場合には、その部分と坐骨神経痛との関連性があるかどうかを確認したうえで治療を行うことが一般的な方法です。

 

坐骨神経痛の症状でお悩みなら当院にお任せください

 

坐骨神経痛の症状でお悩みなら武蔵なまい接骨院にお任せください。

 

当院は親切丁寧を心がけています。その場しのぎの施術ではなく、患者様のことを心から想い本当に痛みが楽になる施術をさせていただきます。

 

お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください!皆様のご来院を心よりお待ちしております。

腰椎椎間板ヘルニアについて

 

腰椎椎間板ヘルニアとは、背骨の間のクッション材である「椎間板」が変形して飛び出し、神経を圧迫する疾患です。発症するのは10代~40代の働きざかりの男性に多く見られます。

 

症状と原因についてはさまざま言われていますが、発症理由は、遺伝が関係していると考えられているほか、喫煙が関係することが報告されています。一方で、スポーツは直接的には関係しないと言われています。

 

原因と症状

 

主な症状は、腰痛や手足のしびれ・坐骨神経痛や腕の痛み・首痛などが挙げられます。原因としては、加齢や重いものを持ったときの負荷などが考えられています。ちなみに、脊椎は下へ行くほど重さがかかりやすく、腰に近いほど椎間板ヘルニアが発症しやすくなります。

 

飛び出した椎間板の髄核が、脊椎の周りにある多くの神経を刺激することによって、痛みや痺れなどの症状が現れます。そのため激痛で眠れない人も多いです。ぎっくり腰の症状にも似ていますが、腰椎椎間板ヘルニアは腰だけでなく、足の痺れや痛みを伴うので自己判断は禁物です。

 

腰椎椎間板ヘルニアの治療

 

前かがみの姿勢をとると症状が和らぐことも一つの特徴です。場合によっては排尿障害や排便障害が発生することもあり、このような場合には早急に手術を受ける必要があります。筋力低下が認められる時にも、早めの手術を考えましょう。

 

痛みや痺れがどれだけ日常生活に支障をきたしているかにより、手術が必要かどうかが判断されます。あまりにも症状が続いている期間が長すぎると、手術を受けたとしてもあまり改善が見られない可能性もあります。

 

腰椎椎間板ヘルニアは放置していると治療に時間がかかるだけではなく、治る可能性が低くなる場合もあります。

 

腰椎椎間板ヘルニアの症状でお悩みなら当院にお任せください

 

腰椎椎間板ヘルニアの症状でお悩みなら武蔵なまい接骨院にお任せください。

 

当院は親切丁寧を心がけています。その場しのぎの施術ではなく、患者様のことを心から想い本当に痛みが楽になる施術をさせていただきます。

 

お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください!皆様のご来院を心よりお待ちしております。

シンスプリントについて

歩いている時やランニングをしている時、運動をしている時に、すねの内側やふくらはぎの内側の痛みを経験したことがある人も多いでしょう。

 

具体的に挙げると、走ると痛んだり歩くと痛む、練習をした後に痛みだしたり、楽になったのに復帰したとしてもまたすぐに痛くなる、骨がきしむような感じがするなどの症状が挙げられます。このようなすねの内側に痛みを訴えるスポーツ障害のことを、シンスプリントと呼んでいます。

 

具体的にあげると、下腿の内側に位置している脛骨の下3分の1あたりに、痛みが発生する症状を指しています。骨折をした時のような激しい痛みをともなうわけではなく、鈍い痛みが続くのが特徴です。

 

シンスプリントの原因

 

 

体を動かすスポーツであれば、どのようなスポーツであっても激しく動いた場合には発生する可能性があるといえるでしょう。

 

その中でもランニングやジャンプなどを繰り返すバスケットボールやバレーボール、陸上競技などでは、起こりやすい痛みと言えます。

 

主な原因としては、筋肉が挙げられます。脛の周りにはさまざまな筋肉が付着していますが、これらの筋肉が緊張すると強く引っ張り続けられる状態となります。この状態では骨の幕が耐えきれずに炎症がおこり、痛みはじめるということです。

 

具体的に挙げると、トレーニング内容や筋肉や腱の柔軟性が低下したこと、扁平足などの身体的な要因、クッション性が悪い靴や靴底が減っている靴などをはいていたことによるもの、かたい路面でランニングを行っていたことなどがあげられます。

 

シンスプリントでお悩みの方は武蔵なまい接骨院へ

 

少しでも違和感や痛みを感じた場合はすぐに当院へお越しください。

 

当院では治療後にシンスプリントが再発しないよう、根本的な改善を心がけています。

 

また、患者様お一人お一人に合わせた施術をすることにより短期間での治療も可能ですので、少ない通院回数でその痛みを取り除きます。

 

いち早くお悩みを解消したいかたは武蔵なまい接骨院へお任せください。

オスグットについて

オスグットとはひざの脛の骨がでっぱり痛むという症状があります。サッカーやバスケットボールなどの、スポーツを良くする中学生や高校生に多くみられる症状と言えます。

 

多くの患者は膝の脛の骨の付近の痛みや、ひざ裏の痛みを強く感じます。様々なスポーツで言えることですが、ジャンプや屈伸を行うことで、大きな衝撃が膝の付近に生じることになるでしょう。これによりひざの骨の付近に炎症が生じることになります。

 

オスグットの原因

オスグットが発生する原因としては、成長痛なのではないかと思う人もいるかもしれませんが、確かに成長期に発症しやすい痛みなので、成長痛の一つとも言えるでしょう。

 

成長痛だから仕方がないというわけではなく、適切な治療を行うことによって、しっかりと治すことが期待できます。オスグットは筋肉が緊張状態になることによって発生するものですが、その原因の一つとして過度な運動が挙げられます。

 

スポーツをやっている場合には練習量が多すぎると筋肉量を超えて使うことになり、オスグットを引き起こすことになります。もとから筋肉量が少ない子供の場合には、運動の強度に耐えられなくなるということです。

 

またストレッチ不足によって筋肉が緊張状態になることもあります。ストレッチを行い縮んだ筋肉を伸ばす必要があるでしょう。さらには体のバランスが崩れて負荷がかかっている可能性も高くなります。

 

オスグットの治療法を研究した武蔵なまい接骨院へ

自分でオスグットを治すためのストレッチなどが無いわけではないのですが、自分自身の判断で行うと余計に悪化させる場合もあります。対処するにもまずは具体的な症状と原因を知ることが重要です。

 

スポーツなどのケガについて研究した武蔵なまい接骨院では、的確に原因を発見し、その症状に合った施術を行います。それにより少ない来院回数で早期改善へ導きます。院内はアットホームなのでリラックスしてお過ごしいただけます。どうぞお気軽にご来院ください。

五十肩について

多くの中高年が抱える悩みとして五十肩が挙げられます。その名のとおり50代になって発症する人が多く、明確な原因がないことも珍しくありません。症状として代表的なのは、肩関節の周りの組織が退行していることです。

 

これによって肩関節の付近に鈍痛が感じられるようになり、運動などに支障が生じるケースもよく見受けられます。そのため、運動障害につながる疾患と捉えられることも多いです。

 

外部の物理的な要因によって引き起こされることも

 

また、内部の生理的な要因ではなく、外部の物理的な要因によって引き起こされることも少なくありません。たとえば軽度の傷が何度も付くことによって生じることもあるのです。積み重なるうちに慢性的な違和感を覚えるようになり、次第に痛みとして自覚するようになっていきます。

 

このように原因が複数考えられるため、素人が判断するのは難しいのが実情です。そもそも肩関節の仕組みを把握していなければ、五十肩の症状に対して適切な対処を施せません。肩関節を構成している骨は肩甲骨と鎖骨、上腕骨の3種類です。

 

これらだけではなく、それらをサポートする形で他の組織も結合しています。肩を使い過ぎることにより、それらの組織が傷ついたり炎症を起こしたりすることも多いです。

 

たとえば、痛みが付近の筋肉にまで波及していくこともあるでしょう。そのようなケースも、五十肩の一種であると認識して差し支えありません。

 

五十肩だと感じた場合は、すぐに武蔵なまい接骨院へ

 

肩の痛みといってもいろいろな症状が当てはまります。50代の人は、肩が痛い場合はすべて五十肩と考えてしまう傾向がありますが、予防や改善をしようにも五十肩でないものもあるので充分に気を付ける必要があります。間違った方法で対処してしまった場合は悪化することも少なくありません。

 

もし五十肩だと感じた場合はすぐに当院へお越し下さい。的確に原因を探り、お客様に合わせた施術で根本から改善し、早期の改善ができます。慢性化してしまう前に改善し、辛いお悩みを解消しましょう。

坐骨神経痛について

人間の下半身は、体全体を支えていますので何か問題が生じたときには大きな負担になってしまうことが考えられます。例えば、坐骨神経痛と呼ばれるものはおしりから太ももにかけて痛む病気です。

 

そもそもなぜ坐骨神経痛になるかといえば、ヘルニアにより腰の神経が圧迫されるからです。つまり、無理な姿勢で座ったりきつい態勢で運動をすることでこのような状態になることも少なくありません。

 

坐骨神経痛の治療法

 

間接だけでなく筋肉が痛むような感じになりますがこれを治療するためにはマッサージをすることで治ることも少なくないです。

 

初期の症状の場合には、血行を良くすることにより痛みをとることは十分可能です。もし、湿布を利用するならば温湿布を貼ると良いでしょう。

 

これにより、血液の流れが良くなりいくらか痛みが遠のく可能性があるからです。湿布を貼る場合には、冷湿布を利用する人もいますがこれは基本的に腫れている場合などに効果を発揮するものです。

 

つまり、坐骨神経痛のように晴れていないような場合にはあまり意味がありませんのでつけない方がよいといえます。しかしながら、ある程度進行してしまうとなかなかマッサージだけでは治らない可能性はあります。

 

この場合には、個人で考えるよりも専門家のところに行き診療してもらった方がよいでしょう。

 

適切な治療なら武蔵まない整骨院

 

 

当院では患者様とのカウンセリングを大切にしています。あなたお悩みを全て把握し、お客様にあった施術法を決めさせていただき、いち早く改善に向かうようご対応させていただいております。

 

当院には坐骨神経痛に強い、洗練された技術を持ったスタッフが在籍しています。

 

治療院を周ったけれども一向に改善に向かわなかった・・・。そのようなお客様も、是非一度当院へご相談下さい!

首コリについて

デスクワークなどが原因で、首コリに悩んでいる人は多く見られます。特に近年ではパソコンやスマートフォンを操作する人が増え、首コリは現代病といっても過言ではないかもしれません。

 

首にはたくさんの神経が走っていて、非常に大切な場所です。だからこそこの首コリを放置してしまうと、体のさまざまな場所にも悪影響を及ぼす可能性が出てきます。

 

そもそも首コリがどのようなものなのかというと、その文字の通りに首周辺の筋肉が凝っている状態を指しています。首の筋肉や筋膜が正常ではなく異常な状態です。

 

首コリの原因

 

その原因としては様々ですが、まず筋肉や筋膜への血行不良が代表的な原因の一つとされています。何らかの負担がかかって筋肉や筋膜に血行不良が生じることはそれほど異常なことではありません。

 

階段をのぼったりした時に足が痛くなることもありますが、これは負担を受けて血流が不足し、痛みを発症している状態です。これは自然な反応と言えるでしょう。

 

休息すれば回復する状態は疲労ではあり、これはコリではありません。コリは休息をとっても回復しない状態といえるでしょう。一言で首コリといっても様々な種類があります。筋肉疲労によるものや健康障害によるものなどがあげられ、その原因を詳しく知ることによって考えられる対策も広がります。

 

首コリに悩んでいるのであれば、武蔵なまい接骨院へ

首コリが発生する原因としては頭が前に出る前傾姿勢でいたり、デスクワークやスマートフォンなどによる前傾姿勢猫背などの不自然な姿勢なども挙げられます。この場合関節に負担がかかっていることもあるでしょう。

 

またヒールやサンダルなどのファッション性の高い靴を履くことで姿勢が崩れてしまったり、首回りが開いたファッションを着用することによって冷えの原因にもなることも理由の一つです。

 

これらを放置することによって、頭痛などの体へ悪影響を及ぼすことにもなるので、首コリに悩んでいるのであれば、武蔵なまい接骨院に相談しましょう。症状の根本的な改善を目指し、痛みや不調に対して妥協しません気持ちよく、安心できるような接骨院づくりを心がけています。

腰痛について

 

日本人の10人に1人は腰痛を抱えているともいわれています。男性は1番目、女性でも肩凝りに次いで2番目に訴えの多くみられる症状であり、その数は年々増加傾向にあるといえます。

 

腰は腰椎と呼ばれる五つの骨が積み上げられて構成されていますが、腰椎に負担がかかったり障害が起きることによって腰痛が発生します。その原因は人によりさまざまで、原因が特定できるものはわずか15パーセントしかないといわれています。

 

代表的なものとしては、腰椎が直接障害を受ける圧迫骨折や椎間板ヘルニアなどがあげられます。そのほかにも様々な疾患が関係していることもあり、これが腰痛を引き起こす可能性もあります。

 

検査などをしても原因が特定できないものも

 

一方で残りの85パーセントは、検査などをしても原因が特定できないものだと言われています。このような場合には生活習慣やストレス、精神的なことが影響している可能性もあります。

 

見た目に分からない神経の障害によって、痛みが生じているケースもあるでしょう。腰痛は様々な原因によって発症することから、命にかかわる病気がないことを確認することから始まります。

 

医療機関で様々な問診、診察などを受けたうえで、腰痛の原因に合った治療を組み合わせることになります。基本的には保存療法がとられることになりますが、そのうちの一つが薬物療法です。

 

痛みの種類に合わせて薬剤を選択する方法です。また神経ブロック療法といい、局所麻酔薬やステロイド薬で痛みの伝達をブロックする治療方法です。また運動やマッサージなどの代謝機能や身体機能などの改善を目的に行う理学療法もあります。

 

腰痛についての悩みは武蔵なまい接骨院へ

 

腰痛予防のためには、筋肉を柔らかくしておく必要があるといわれています。そのための体操なども数多く紹介されていて、無理なく日々の生活の中に取り入れてみるのも良いかも知れません。武蔵なまい接骨院へご来院頂けると具体的な予防方法についてもお教えできます。

 

また、改善するためにと体操をする方もいらっしゃいますが、お持ちの腰痛の原因に合った方法でなければ最悪の場合悪化することも少なくありません。ですので改善したい場合はまず現状を詳しく知る必要があります。

 

当院では早期の改善をはかるため、原因究明に力を入れています。お一人お一人の原因に合った施術で根本から改善し、日常生活をより楽しくすごしましょう。

1 2