ぎっくり腰の治療について

腰が急に「グギッ」となり激痛が走り動けなくなるところまでは、テレビや漫画で見た経験がある人も多いのではないでしょうか。海外では「魔女の一撃」とも言われています。ぎっくり腰とは正式に急性腰痛症といいます。

 

急性腰痛症とは、いきなり腰部に痛みが走るもので、関節捻挫や筋肉の損傷、筋膜の炎症などが起こったときの症状をいいます。ぎっくり腰を発症するパターンとしては下記のもが挙げられます。

 

重い荷物を持ち上げようとした

 

重いものを持ち上げようとすると腰に大きな負担が掛かります。

 

テレビのリモコンを取ろうとした

 

リモコンのような軽い物でも、手を伸ばして取る時は自分の体を支え無いといけません。自分の体重を支えるのにかなりの負担がかかります。

 

クシャミをした

 

意外と多いのがこのクシャミでぎっくり腰になる人です。これは、上半身と下半身の急激な動きが、関節に瞬間的な回転力を生み、関節や筋肉を痛めてしまうものです。

 

椅子から立ち上がろうとした

 

体をひねった状態や無理な姿勢で長時間立っていた

 

5:転んだ、打った

 

この時に急激な力が腰に掛かります。筋肉や関節、骨などを痛めると動く時に痛みが出るようになります。また長時間同じ姿勢を取った後の動き始めにぎっくり腰を起こすケースもあります。

 

同じ姿勢を取り続けると体が固まり、関節のスムーズな動きを妨げます。この時に不意に急な動きをするとぎっくり腰になる場合があります。

 

当院におけるぎっくり腰の治療法

治療を進める際は、ぎっくり腰の症状を把握します。どのような動きをした時に痛みが生じたのか、痛みの程度はひどいのか、強くなったり弱くなったりするのかなどを確認し原因を絞り込んでいきます。

 

ぎっくり腰の治療内容としては、電気治療、アイシング、温熱療法、手技療法(なまい式インナーマッスルセラピー)を用いて治療していきます。

 

急性期の痛みは安静にしていれば約1週間~2週間程度で落ち着いていきますが、その後は動くことに支障がない程度の痛みや動きの制限が残ります。

 

なまい式インナーマッスルセラピーとは?

 

当院の『なまい式インナーマッスルセラピー』は筋肉の繋がり(筋連結)が原因で症状がでている事もある為、全身の筋肉を緩めながら患部の安静保持し早期の回復を促します。

 

また短期間で動ける程度の痛みになったとしてもぎっくり腰を起こすような筋肉の状態では再発(いわゆる癖になる)の可能性も高くなります。

 

その為、痛みの軽減とともに再発予防まで考えて治療をしていく事が大事です。また自費治療の骨盤矯正(スズキトリートメント)も効果的で、神経の流れを改善し治癒力を高めます。

 

 

ご質問はお気軽に当院までご連絡ください

ご来院には電話予約は不要です、気になる点はお気軽にお問い合わせください。

武蔵なまい接骨院情報&アクセスマップ

 

〒360-0013 埼玉県熊谷市中西3-14-8

【電話番号】TEL:048-594-6651

【交通手段】前橋駅からバス10分 上小出停留所より徒歩5分

 

[営業時間]土日祝日営業
AM9:00~12:00 PM15:00~20:00
[定休日]夏季・冬季休院 毎月1日間研修休み

 

 

診療日のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA